パラシールとは?

 
●ベントナイトによる防水の考え方
 一般的な遮水シート ( PVC, ゴム, アスファルト系シート ) は、ほんの一部の破損で防水の意味を
 全くなさくなります。
 つまり、ALL or NOTHING ( 0か1か ) であり、いわゆる “剛” の防水(遮水シート) です。
 それに対して、ベントナイト による防水は “柔”の防水(遮水層) といえます。
 ベントナイトは、水に触れると膨張して透水性の低い粘土層になります。
 ベントナイトの透水係数は完全にゼロでは無く 非常に小さい透水係数(-7乗以下)で厳密に言うと
  ほんの少し水が通ります。この透水性の低い粘土層は固まらず、しなやかな不透水層を連続的に
 形成することで、地盤の変動(沈降・隆起)に追従する “柔” の遮水シートとしての機能を持つのです。


●機能・性能について
   

 ベントナイト系防水としての性能
  ベントナイトによる防水は単位面積当たりのベントナイト量と質が重要です。
  パラシールは、他社製品のベントナイト系シートに比べ厚みは薄いのですが、面積当たりの
  ベントナイト量が多いのは高品質(米国ワイオミング産)のベントナイトを圧縮させて使用しているからです。

 ポリエチレン系防水としての性能
  パラシールはポリエチレン( HDPE : High Density Polyethylene )素材を使用。
  非常に耐久性・強度に優れ、そして無害です。
  廃棄物処分場で採用されている多くはこのポリエチレンシートです。
 二層構造防水のシート
  シート防水材を利用する際に最も問題となるのは、シートのつなぎ目部分の遮水性です。
  パラシールは、シートのつなぎ目部分にオーバーラップ (シートの端を20cm以上重ねる)をとり施工します。
  これにより、オーバーラップ部分では、水の逃げる道すじが長くなるので防水性が高まります。
  この水が逃げる道すじの長さは、他社製品のベントナイト系シートの約30倍にもなります。
  また、オーバーラップ(可動可能幅)をとることで地盤の変動(沈降・隆起)に柔軟に対応することが可能です。

 パラシールは、ポリエチレンの “剛”の性質 と ベントナイトの “柔”の性質 の両方を併せ持つことで、
 遮水シートとして の性能をさらに高めているのです。

◎ ベントナイトの詳しい説明は ベントナイトメーカの株式会社 ホージュンへどうそ →